2006年11月 2日 (木)

nifty許せない!

nifty側が公表して構わないと言ったので公表します。
本来、こういった愚痴のような苦情は嫌いなのですが、
再発を防ぐ意味で、自分のブログに載せます。

結論から言えば、IPフォンと呼ばれる電話サービスを
受けられると思ってプロバイダに加入したのですが、
私はサービスを受けられなかったのです。

私は電話権を持たないで、携帯でやりくりしていたのですが、
単身赴任している事と、両親が海外にいる事から
FAXができ、遠距離、海外通話が安いIP電話を選びました。
niftyのホームページ上では、ADSLを申し込めば誰でも
IPフォンサービスが受けられる
とありました。
そこで、料金の安いADLS専用線プランを選びました。
やってきたモデムにも、IPフォンの説明書が大量に添付され、
特に疑問も持たないで本契約を結びました。
両親にも海外電話が出来るようになると伝えると、
本当にうれしそうにしていたので、FAX電話機も準備して
回線が繋がるのを首を長くして待っていました。

しかし、いざ回線がつながるとVoIPと言うランプがつきません。
NTTの人にランプがつかないとIP電話が繋がらないと言われ、
慌ててniftyへ問い合わせてみると「専用線はIP電話不可」と
あっさり言われました。
ホームページをかなり探してもそんな文言は見当たらず
その旨を伝え、改めてIP電話のサービスをしたいと言っても
無理です」と、非常に冷たくあしらわれた。
期待していた両親に悪いと思い、電話回線プランか光プランに
変更するしかないと思ったが、変更は違約金が何万円も発生
すると言われた。

こんなのは詐欺だ!」と文句を言うと「申し訳ありません」だけ。
「それは詐欺を認めたことだ、公表して良いんだな?」と言うと
かまいません」と実に挑発的な態度をとられた。
これほど不愉快なことは久しくない。
違約金がもったいない為、半年間我慢して契約するが
二度とniftyはやめたいと思った。

なお、苦情口に「再発防止として専用線契約者は
IP電話サービスが受けられないと、明確にHPへ掲載
すべきだ
」と依頼し、「承りました」と返事があったが、
現在、まったく修正された形跡は無い。
せめて一人でも同じようなことで後悔する人が出ないよう、
ブログに掲載しました。
とわ言え、気分を悪くするような文を申し訳ありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

14才の母を見て

14才の母を見ました。
キャスト全員感情むき出し、見てて胸が痛くなりました。
中絶手術を抜け出して生もうと決心するまでのシーンを
大人の立場、子供の立場から描いていたのですが、
結婚した身からすると、つい大人の立場から見てしまいます。
親から逃げてバイク事故を誘発するシーンに始まって、
「生む、生みたい。」と口にする度、イライラしている自分に
気がつきました。
私は中絶は殺人と考えてます。ですが、「14才の母」と言う
題名から「生む」事が決定付けられている。
だから、安心してイライラ出来るのかもしれない。

あー、でも!でもですよ!
あれだけ「生まれた子供の事を考えろ」とか「無責任」とか
言われ続けて、本人も「中絶が嫌とかじゃなくて」と断って
おお、どんな結論を言うんだ?と期待した矢先。
「赤ちゃんの顔が見たい」とか言うセリフ!
ありえません!結局我侭じゃないですか。
出産費は親まかせ、周囲に迷惑掛け捲りですよ。

でも、それでも、きっと自分が同じ立場なら生むでしょうね。
なんのかんのと理由を付けて、どれだけ汚れても。
「生んでくれなんて頼んでねーよ!」といつか言われても。
人を好きになるのに理由が無いように、
自分の子供を好きになるのも、どうしようもないこと。

さて、あなたなら、どうします?

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006年10月30日 (月)

フィジーの離島滞在記

3ヶ月前ですがフィジーの離島「マタマノア」に行ってきました。
(今日UPした写真はすべてマタマノア島で撮った写真です)

滞在したのは7泊8日とちょっと長めです。
前半を安い普通のヴィラ、後半を少し高いビーチヴィラと言う
プランにしました。結果的に言うと、ビーチヴィラが良すぎます。
値段以上の差があり、次行くなら全部ビーチヴィラします。
飛行機と案内、朝食食べ放題付きで訳18万円でした。

マタマノア島は一言で言えばプライベートリゾートという言葉が
まさにピッタリの島でした。
全員で20組くらいしか泊まれない孤島でミステリー好きなら
殺人事件でも起こるのでは?と思わせるかもしれません。
フィジーの本島であるビチレブ島からボートに乗って2時間
マタマノア島が見えたときは思わずため息が出ました。
珊瑚に覆われた小さな緑の島、なのに砂浜だけは真っ白!
その綺麗な白浜が島の半分をぐるりと囲んでいるのです。
しかも、島にいた間はこの綺麗な砂浜はガラガラ、
みんなスキューバや釣り、テニス等に興じているのです。
広大な白浜でゆったり寝そべるのは、ちょっと快感でした。

シュノーケリングをすれば珊瑚の至る所に熱帯魚がいました。
私はこっそりパンをビニール袋に入れて持っていきました。
パンを足元にばら撒くと足の間をすり抜ける熱帯魚の群れが!
今思い出しても夢の世界のようでした。

夜は夜でリンボーダンスを初め、さまざまな催し物が連夜あり、
噂では不味いと言われていた食事は、びっくりするほど美味し
かったです。ただ、わずか一週間で1,2キロは太りました;;
一食の値段は700円~3000円くらいと、日本の外食レベルです。
マタマノア島は年齢制限もあり、12歳以下の子供はいません。
落ち着いたまさにオトナのリゾートでした。

欠点を上げるとすれば、フレンドリーすぎるでしょ?と言う
接客で、それが嫌いな人はお勧めしません。
また是非行きたいと思わせる、そんな場所でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月29日 (日)

続々大型テレビ検討記

さて、そろそろ小説をUPしていこうと思っているので、
テレビの検討記もあと1,2回にしよう。(そう、もうちょっとあります;;)
で、今日はテレビのサイズについての検討です。

私は、パソコンとして使うサイズは17・19インチワイドくらいが
適正じゃないかと思う。15インチは小さいし、23インチは
至近距離では大きいと思う人の意見として読んでください。

さて、私がまず購入を検討し、大多数の販売数を占めるのが
32インチの液晶テレビだ。
しかし、この32インチワイドが曲者、ハッキリ言って20インチ
ちょっとの通常のブラウン管テレビとそう大きさが変わらない。
メーカーが言うには、ハイビジョンになることでテレビとの距離が
縮まっても平気なので32インチでも十分迫力があるとの事・・・・
しかし、しかしですよ?
この適正距離って32インチじゃ1メートルちょっととか、
そんなのリビングのバランスが崩れまくりですよ!

テレビの前で寝転がってゲームやDVD観るだけならともかく、
家族やお客さんが来た時、それにご飯を食べながらだって
テレビを見たいときがあるじゃないですか。
そう言うわけで32インチは私の中で却下されました。
そりゃ安いけど、これならすぐ次が欲しくなりますよね。
メーカーはうまいですよ、ほんとに。

さて、そうなると買うのは37インチ、40インチ、42インチのどれか?
ブラビアは40インチと言う見事なサイズを提供し、成功している。
つまり、37インチでもかなり小さいと言うこと。
実際に37インチを購入した人の感想を聞くと
「予想より小さい、40インチ以上を買うべきだった」との意見が
大多数をしめています。
となると、40インチか、42インチか、いやまてそれ以上か?
しかし画面が大き過ぎても問題があります。
インテリアを崩すとかはあまり考えていませんが、大きいと画素の
アラが目立つのです。
したがって40以上だとフルHDの選択をする必要が出てきます。
もちろん、40インチ以上でさらにフルHDとなれば、
先立つものが足りません。
納得できるサイズで、なっとくできる画質をと、落としどころを探す
楽しみは、もうすこし続きそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水)

続・大型テレビ検討記

大きな買い物は検討している時間が楽しい。
購入時期を年末と決めているので、楽しむなら今のうちだ。
今度はメーカー別に特徴を見て行きたいと思う。

SHARP
いわずと知れた液晶メーカー、亀山工場品質とか
国産ブランド力を大事にしており、品質は確かとか・・
しかし、私は思う。アクオスはPC用の液晶だと。
クッキリハッキリした画質は室内で見ると辛そうだ。
コントラスト、応答速度など数値は凄いがスペック以外の
付加価値が低いのが難点。
それはSHARPも分かっており、ついにPCTVを出した。
要らないけど。

SONY
SHARPの液晶ライバル、ブラビアブランドの確立は
見後に成功した感じだ。しかし、メリットは特に無い。
あえて言えば、SHARPより柔らかい画質は中々いい。
前の記事でも書いたが、SONYで買うならリアプロだ。
50インチとフルHDが欲しいなら、絶対にお勧めする。
TV良し、動画良し、DVDは文句無し、PCに繋いでも良し。
最安で37万円と、まだまだ安くなる。買いたい・・

東芝
REGZAブランドがそこそこ成功した東芝。
液晶の画質では個人的に一番良いと思った。
しかし、今ひとつ買いたいと思わせる特徴が薄い。
お勧めはHDD搭載のモデル。300GBもあり、
そこらのHDDビデオより操作性も良い。

松下(Panasonic)
ビエラブランドの大成功、プラズマの第一人者。
しかし、シャープ同様クッキリハッキリしすぎ?
私はもう少し柔らかい画質が望ましい気がする。
されど42インチが19万円、これは惹かれる。
大型テレビというなら42インチは欲しいのだ。
HDD搭載モデルを強く求む。

日立
地味だが確実に進歩している日立。
一昔前からPCの液晶では一番綺麗と言われていた。
しかし、お勧めしたいのはHDD搭載プラズマです。
黒つぶれ感が気になったが、画質はおおむね良好。
37インチの250GB搭載モデルが18万はすばらしい。
落とし穴は、スィーベルスタンドが2万もすること。
上のHDD搭載モデルは今一番の検討機です。

パイオニア
画質は、実は見ないようにしてます。
だって良さそうで、見たら止まらなくなりそうで。
とかく、お金があり、映像は最高を、というなら
このフルHDプラズマモデルをお勧めします。
チューナーも無く、映像OUTPUT専用モニタと
割り切った考え方は拍手喝采モノです。

他にも、サムソンやエプソン、バイデザ等、
検討したものもありますが、上記を最安で
購入することをお勧めします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

大型テレビ検討記

大型テレビを購入しようと思い立ったのは7月、
あれから電気屋さんへ行ってはチェックしする毎日。
何がお買い得か?いつ買えば良いか?画質は?使い勝手は?
今日は今まで調べた種類別評価を10点満点で付けてみました

1:ブラウン管  評価:6点
 今は見捨てられがちなブラウン管テレビ。しかし、画質は
 文句なしにトップ。スポーツを観るもよし、値段よし、明るさよし。
 問題点は消費電力や大きさ。6畳間に置くにはみっともないかも。
 気のせいかもしれないけどブラウン管だと目が疲れる気がします。
 購入しようと思っている40インチ以上では値段が高いのも難点。

2:液晶 評価:7点
 今や主流になった液晶。でも良く観ると綺麗と言う感じがしません。
 スポーツや動きの早い映画はどうもよくない。特に大画面TV。
 ただ静止画の綺麗さはブラウン管以上に感じます。
 値段が安くなってる点(特に32型)と、消費電力の安さから、
 PCと繋げる事を考えてるなら文句なしにオススメです。

3:プラズマ 評価:8点
 大型ならプラズマ、と言われるだけあって大きくても安い。
 特に42型のプラズマが20万円の大台を切ってきました。
 問題はのっぺり感や黒つぶれ。動きは十分表現できているので、
 今一番の購入ターゲットになっています。
 中でもオススメはHDD付きのタイプです。
 総合的に安いだけじゃなくて場所も取りません。
 DVDは映画はPS3とかで観ればいいしね。

4:リアプロ 評価:9点
 プラズマと悩んで購入を検討しているのがコレ。
 特にソニーから出ているSXRDはすごいです。
 動画はブラウン管やプラズマに一歩譲るも、
 映画のような深みのある画質は圧巻。
 フルHDの50インチが40万以内で買えるなんて
 美味しい限りです。 問題は適度なサイズが少ない事。
 あと海外で販売してる値段を見ると凹みます。
 (アメリカでは50インチ20万ちょい・・・フルHDじゃないけど)

さて、これから年末に向けてもうちょと安くなると信じてます。
初めはSEDとか思ってたけど、当分は業務用っぽいかも。
また進展や要望があれば具体名を出して比較しようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行動と動機

行動とは、実際に動いて行う事を指す。
動機とは、行動の直接の原因と辞書にあった。

今日、教会の話しで「行動ではなく、動機が大切」と言う事を拝聴した。
私は常から「不言実行」と言う言葉が好きで、
行いが伴わなければ意味がないと思っていた。
いくら動機が良くても、行動が中途半端だったり結果が
悪いものであれば意味が無い、と。
だが、こんなたとえ話をしてくれた。

あるカップルがいる。しかし、彼のほうは彼女に不満があった。
デートの時に彼女は必ず待ち合わせに遅れてくるのだ。
この日も彼女は遅れてきた。彼はとうとう耐えかねて彼女に質問する。

「何故、何度言っても遅れてくるんだ?」
「だって、彼の気を引きたければデートは遅れて行った方が良いって、
テレビで言ってたもの。」

なんでこのようなことになったのだろう?
それは、彼女がデートと言う行動ばかりを見て
彼の事を考えなかった結果だ。
デートは好きな人と一緒に時間を過ごしたいと言う、
それだけのものだ。
しかし、デートと言葉にすると、成功、不成功といった
結果がついてくる。そのデートと言う行動に囚われて、
動機はどこかへいってしまうのだ。

では、どうすればいいか?

簡単だ、「会いたい」「喜んでもらいたい」「一緒にいたい」
そう言った本質を見ていれば良いのだ。
そうすれば、ワザと遅れてくるなんて事にはならなかっただろう。

勿論これはたとえ話だ。
話の本質は、何かを一生懸命にやっていると
(話の中では教会の働きを)、どれだけ行動したかが問題になる。

しかし、神様は行動するときの心を見る、
そしてそれだけが大事だと言うのだ。
そう言えば、仕事をする時も勉強をする時も、
その成果だけを求めてしまいがちになっている。
しかし、仕事や勉強をする動機とは何だろう?
生きるため?家族のため?自分のため?
私には、幸いすべて当てはまる。
難しく考えなくて良いのだ、生きていることは結局楽しいのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

Opening

お尋ねします、このあたりでついさっき、
涙の落ちる音が聞こえた気がして、
駆けつけたんだけど誰の涙かな?

今晩は、始めまして、TOCです。
初めてブログなるモノにチャレンジしてみます。
BUMP、クリスチャン関連や雑文、PCの評価等、
気の引かれたことを節操なくつらつらと残す予定です。

たぶん、これは、誰に向けた文章でもありません。
ですが、きっと、あなたに読んでもらう為だったのでしょう。

そういや君はずいぶん赤い目をしているね。
ええと・・うん、そうだ、いくつかの物語をプレゼントしてあげる。
ちゃんと読んでおくコト、いいね?

それじゃまたあとで。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)