2006年11月 2日 (木)

nifty許せない!

nifty側が公表して構わないと言ったので公表します。
本来、こういった愚痴のような苦情は嫌いなのですが、
再発を防ぐ意味で、自分のブログに載せます。

結論から言えば、IPフォンと呼ばれる電話サービスを
受けられると思ってプロバイダに加入したのですが、
私はサービスを受けられなかったのです。

私は電話権を持たないで、携帯でやりくりしていたのですが、
単身赴任している事と、両親が海外にいる事から
FAXができ、遠距離、海外通話が安いIP電話を選びました。
niftyのホームページ上では、ADSLを申し込めば誰でも
IPフォンサービスが受けられる
とありました。
そこで、料金の安いADLS専用線プランを選びました。
やってきたモデムにも、IPフォンの説明書が大量に添付され、
特に疑問も持たないで本契約を結びました。
両親にも海外電話が出来るようになると伝えると、
本当にうれしそうにしていたので、FAX電話機も準備して
回線が繋がるのを首を長くして待っていました。

しかし、いざ回線がつながるとVoIPと言うランプがつきません。
NTTの人にランプがつかないとIP電話が繋がらないと言われ、
慌ててniftyへ問い合わせてみると「専用線はIP電話不可」と
あっさり言われました。
ホームページをかなり探してもそんな文言は見当たらず
その旨を伝え、改めてIP電話のサービスをしたいと言っても
無理です」と、非常に冷たくあしらわれた。
期待していた両親に悪いと思い、電話回線プランか光プランに
変更するしかないと思ったが、変更は違約金が何万円も発生
すると言われた。

こんなのは詐欺だ!」と文句を言うと「申し訳ありません」だけ。
「それは詐欺を認めたことだ、公表して良いんだな?」と言うと
かまいません」と実に挑発的な態度をとられた。
これほど不愉快なことは久しくない。
違約金がもったいない為、半年間我慢して契約するが
二度とniftyはやめたいと思った。

なお、苦情口に「再発防止として専用線契約者は
IP電話サービスが受けられないと、明確にHPへ掲載
すべきだ
」と依頼し、「承りました」と返事があったが、
現在、まったく修正された形跡は無い。
せめて一人でも同じようなことで後悔する人が出ないよう、
ブログに掲載しました。
とわ言え、気分を悪くするような文を申し訳ありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

行動と動機

行動とは、実際に動いて行う事を指す。
動機とは、行動の直接の原因と辞書にあった。

今日、教会の話しで「行動ではなく、動機が大切」と言う事を拝聴した。
私は常から「不言実行」と言う言葉が好きで、
行いが伴わなければ意味がないと思っていた。
いくら動機が良くても、行動が中途半端だったり結果が
悪いものであれば意味が無い、と。
だが、こんなたとえ話をしてくれた。

あるカップルがいる。しかし、彼のほうは彼女に不満があった。
デートの時に彼女は必ず待ち合わせに遅れてくるのだ。
この日も彼女は遅れてきた。彼はとうとう耐えかねて彼女に質問する。

「何故、何度言っても遅れてくるんだ?」
「だって、彼の気を引きたければデートは遅れて行った方が良いって、
テレビで言ってたもの。」

なんでこのようなことになったのだろう?
それは、彼女がデートと言う行動ばかりを見て
彼の事を考えなかった結果だ。
デートは好きな人と一緒に時間を過ごしたいと言う、
それだけのものだ。
しかし、デートと言葉にすると、成功、不成功といった
結果がついてくる。そのデートと言う行動に囚われて、
動機はどこかへいってしまうのだ。

では、どうすればいいか?

簡単だ、「会いたい」「喜んでもらいたい」「一緒にいたい」
そう言った本質を見ていれば良いのだ。
そうすれば、ワザと遅れてくるなんて事にはならなかっただろう。

勿論これはたとえ話だ。
話の本質は、何かを一生懸命にやっていると
(話の中では教会の働きを)、どれだけ行動したかが問題になる。

しかし、神様は行動するときの心を見る、
そしてそれだけが大事だと言うのだ。
そう言えば、仕事をする時も勉強をする時も、
その成果だけを求めてしまいがちになっている。
しかし、仕事や勉強をする動機とは何だろう?
生きるため?家族のため?自分のため?
私には、幸いすべて当てはまる。
難しく考えなくて良いのだ、生きていることは結局楽しいのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

Opening

お尋ねします、このあたりでついさっき、
涙の落ちる音が聞こえた気がして、
駆けつけたんだけど誰の涙かな?

今晩は、始めまして、TOCです。
初めてブログなるモノにチャレンジしてみます。
BUMP、クリスチャン関連や雑文、PCの評価等、
気の引かれたことを節操なくつらつらと残す予定です。

たぶん、これは、誰に向けた文章でもありません。
ですが、きっと、あなたに読んでもらう為だったのでしょう。

そういや君はずいぶん赤い目をしているね。
ええと・・うん、そうだ、いくつかの物語をプレゼントしてあげる。
ちゃんと読んでおくコト、いいね?

それじゃまたあとで。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)